エンタメ

【糖質制限】これはヘビロテしちゃう! ガストの「1日分の野菜のベジ塩タンメン」が低糖質メニューを食べている感ゼロ

投稿日:

何とかして夏までに痩せなければ……なんて思っているうちに夏本番がやって来た。実質もう手遅れだが、ダイエットは諦めたらそこで試合終了。あくまでもポジティブに、夏は汗をかくから勝手に痩せていくラッキータイムと考えるしかない。

まぁそれで痩せたら苦労はしないのだが、ダイエットは継続することに意味がある。身近なところで言うと糖質制限。近年ではチェーン店でも食べられるし、「誰でもできるダイエット法」を試さない手はないだろう。

・売り切れだったメニュー

というワケで、ガストにやってきた。狙いは ほうれん草麺を使用した「1日分の野菜のベジ塩タンメン」。ちなみに以前に食べようとした時は、夕方の時点ですでに売り切れていた商品だ。

理由はいろいろ考えられるが、ファミレスで売り切れとはちょっとやそっとのことではない。もし注文が多すぎてタマ切れとなったのであれば、恐ろしく美味しい低糖質──なのかもしれない。

一応、スペックに触れておくと、具材・麺のカロリーは401kcal、塩分は1.3g。スープが124kcal、塩分は6.5gといったところだ。気になる糖質は36.2g。吉野家の「ライザップ牛サラダ」がおよそ12gだと考えると、谷底に突き落として這い上がることを命じるようなメニューではなく、ゆるりと健康に痩せましょうねといった感じがする。

・野菜たっぷりタンメン

さて、それでは実食といこう。今回はお昼に行ったので売り切れていることはなく、注文して数分ほどでタンメンが出てきた。パッと見は普通のタンメン。キャベツにもやし、ニンジン、ほうれん草……といったように野菜がモリモリ入っている。まずはスープを一口飲むと……

らしくない!

そう言っちゃ失礼かもだが、外食にしては優しい味でまとめてある。最近、何かと健康志向の世の中だからだろうか、あっさりしていてスッと体に染み込んでいく。





-エンタメ

Copyright© たぬきニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.