Microsoft EdgeのARMアーキテクチャ対応版が登場、まずはCanary Channelで利用可能に

投稿日:

半導体大手のARMによって設計・ライセンスされているARMアーキテクチャは、ARMプロセッサコアのアーキテクチャであり、モバイル機器などに多く搭載されています。Microsoftは自社ブラウザのMicrosoft EdgeをARMアーキテクチャに対応させる動きを進めており、新たに64ビットモードのARMアーキテクチャに対応したEdgeを、Windows 10プレビュー版にあたる「Canary Channel」向けにリリースしたと発表しました。





-

Copyright© たぬきニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.