人気の投稿とページ

エンタメ

わさビーフとコラボした「わさビーフ餃子」を食ったら、予想をはるかに上回る代物だった!

スナック菓子の3大メーカーといえば、カルビーと湖池屋、そして山芳製菓である。その山芳製菓の代表商品、「わさビーフ」がこっそりあるものとコラボをしていた。それは餃子だ。都内を中心に7店舗を展開する「薄皮餃子専門渋谷餃子」は、わさビーフ餃子というメニューの提供を2019年2月15日から開始していたのである。

どうせ、わさビーフを砕いて餃子の餡に練り込んだんでしょ? と思ったら、予想をはるかに上回る商品だった! そう来たかッ!!

・ジャッキーの店

私(佐藤)が初めて渋谷に足を運んだのはいつだっただろうか? 19歳か20歳の時だから、今から25年くらい前のことになるだろうか。この街も随分変わったな。たしかこの辺りにジャッキー・チェンの中華料理があったっけ。1度もお店に入ったことはなかったけど、ジャッキーの等身大パネルがあったんだよな~……。なんて思いながら、ふと目をやると。そこにはわさビーフ餃子。

私はこれを見た瞬間にピーンと来た。

わさビーフを粉砕して入れただけだろ?

とはいえ、1度食べておくかと思い、お店に入った。よく考えたら、薄皮餃子専門渋谷餃子に入るのもこれが初めて。2014年に渋谷に1号店ができて以来、じわじわと店舗を拡大しているこのお店の餃子は、どんなものなのだろうか?

・いざ、実食!

店に入ると、店舗中央に厨房があり、それを囲むようにしてカウンター席。左右に分かれてテーブル席がある。注文は卓上のタブレットで行う仕組みだ。私が頼んだのは当然わさビーフ餃子(6個480円)、これにご飯(194円)とスープ(86円)を別途注文した。

7~8分で注文の品は揃った。

スープがめちゃくちゃアツアツであることを除けば、何の変哲もない餃子定食である。餃子は商品をイメージしたのか、皮がほんのりと緑がかっている。

タレはいらないらしいので、そのままひとつつまんで食べてみる。スナック菓子が入ってるんでしょ? だから、食感はサクっとしてるんでしょ?



-エンタメ

Copyright© たぬきニュース , 2021 All Rights Reserved.