人気の投稿とページ

アクション映画は「ボーン」シリーズの影響でダメになったという主張

近年のアクション映画では「近距離から撮影した、短くてブレの激しいカットをたくさんつなぐ」という技法がよく見られます。この技法はアクションの疾走感や臨場感を演出する目的で行われていますが、アクションがわかりづらくなったという意見も存在します。なぜこんな演出が行われるようになったのか、その流れを、さまざまな不思議を取り扱うチャンエル・INSIDERが明かしています。

続きを読む...

Source: GIGAZINE



-

Copyright© たぬきニュース , 2020 All Rights Reserved.