人気の投稿とページ

エンタメ

コメダ珈琲店、新作シロノワール『シロノワールくまもとモンブラン』でまたしても予想を裏切る

2020年10月14日から、一部を除く全国のコメダ珈琲店にて新作シロノワール『シロノワールくまもとモンブラン』の販売が始まった。熊本県のマスコット「くまモン」とコラボし、熊本の栗を使用したシロノワールだという。

HPを見る限り、おなじみのシロノワールにモンブラン的な栗のクリームがたっぷりかけられている……というのが大まかな仕様のようだ。ソフトクリームにモンブランのクリームとは、とても甘くて糖分チャージがはかどりそうだ。さっそく食べてみた結果……コメダよ、今回はそう来たか

・全国2位

どうでもいいことだが、実は筆者は人生の12%くらいを熊本で過ごした経験があり、熊本もまたたくさんある故郷のうちの一つと言えなくもないくらいになじみがある。しかし、熊本が栗の名産地とは知らなかった。

熊本について特に語られるべきは、鶴屋と辛子蓮根と馬刺しと阿蘇山と肥後ずいきくらいだと思っていたが、栗もあったんですね。今回のコラボは、熊本の栗の知名度上昇に少なからず貢献することだろう。ちなみに令和2年4月に公開された農林水産省の統計によると、茨城県に続き全国2位だそうだ。1位との差はわずか280トン。

・モンブラン

それはともかくシロノワールである。見た目についてはまあいつも通りだ。クリームは安定感などはガン無視でそそり立っており、刻一刻と自重で崩れ去っていくが、それもまたコメダの日常。

表面のモンブラン感のあるクリームも、なんとなく味の想像がつく。ソフトクリームにモンブランのクリーム。

そしてデニッシュの間にもモンブランのクリーム。とにかく特定の方向に極振りしていくという、いつものコメダらしいブレーキが未実装な車のごときスタイル。今回は全力でモンブランなのだろう。食べてみると……

上品……だと?



-エンタメ

Copyright© たぬきニュース , 2020 All Rights Reserved.