人気の投稿とページ

ボーイングが総額2600億円以上を「航空機の安全評価で政府機関をだました」ため支払うことに

大手航空機メーカーのボーイングが製造したジェット旅客機・ボーイング737 MAXは、2018年10月から2019年3月までのわずかな期間で2度の墜落事故を起こしました。政府機関による墜落事故の調査により、「ボーイングが航空機の安全評価で意図的に政府機関をだました」ことが判明したため、ボーイングは総額25億ドル(約2600億円)以上を支払うこととなりました。

続きを読む...

Source: GIGAZINE



-

Copyright© たぬきニュース , 2021 All Rights Reserved.