人気の投稿とページ

ランサムウェアを「サービス」として犯罪グループに提供することで利益を上げる闇市場が成長している

近年では、コンピューターのシステムを人質にして身代金を要求するランサムウェアの被害が多発しており、病院がターゲットになったことで搬送中の患者が死亡したり、最高裁判所が閉鎖されたり、日本のゲームメーカーであるカプコンが標的とされたりしています。セキュリティ企業のIntel 471により、ランサムウェアを「サービス」として犯罪グループに提供して利益を上げる「Ransamware-as-a-service(RaaS)」と呼ばれる分野の市場が成長していると報じられました。



-

Copyright© たぬきニュース , 2020 All Rights Reserved.