人気の投稿とページ

中国工作員がさまざまなSNS上で英語や日本語を使ってデモを呼びかけている可能性

サイバーセキュリティ企業FireEye傘下のセキュリティ脅威研究企業であるMandiantが、「中国の工作員が何十ものソーシャルメディアプラットフォームで、複数の言語でウソの情報を発信していた」という報告書を発表しました。問題となったネットワークは大量のSNSアカウントから、新型コロナウイルスの混乱に乗じてフェイクニュースやデモを扇動するようなコメントを同時に投稿していました。

続きを読む...

Source: GIGAZINE



-

Copyright© たぬきニュース , 2021 All Rights Reserved.