人気の投稿とページ

人間に「毒の牙」を獲得させる可能性を秘めた遺伝子の存在が明らかに

サルの1種であるスローロリスは、毒を生成する能力を持っていますが、ヒト・イヌ・チンパンジーといった多くの哺乳類は毒を生成する能力を持っていません。そんな中、沖縄科学技術大学院大学(OIST)とオーストラリア国立大学の合同研究チームが、哺乳類にも毒の生成に関連する遺伝子が存在していることを発見し、研究論文を米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載しています。

続きを読む...

Source: GIGAZINE



-

Copyright© たぬきニュース , 2021 All Rights Reserved.