人気の投稿とページ

ビジネス

今度は「コレ」が高値で取引されているらしいぞ・・・。

tokyo
1: 稼げる名無しさん 2020/05/23(土) 11:46:42 ID:Nb2gqmVy9.net
【どうなる?東京五輪・パラリンピック(45)】 お宝争奪戦が勃発か。新型コロナウイルスの影響で五輪史上初の延期となった東京五輪について、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(66)は来夏に開催できなければ中止となる見通しを示した。過去に大会組織委員会の森喜朗会長(82)も同様の内容を述べており、ここへ来て一気に「中止論」が過熱してきた。そんな状況を逆手に取り、虎視眈々とカネ儲けをたくらむ者が急増している。未曽有の事態の裏で繰り広げられる巧みな“先行投資”とは?

そもそも中止のムードを加速させたのは、他でもないIOCのバッハ会長だ。英BBC放送のインタビューで同会長は「選手を先の見えない状況に置いておくわけにはいかない」と発言。東京五輪が2021年に開催されなかった場合は「中止」となることを公表した。これに対し、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長(76)は「直接うかがったわけではないのでコメントすることは控えたい」と言及を避けつつ「バッハ会長は1年余り先のことを現時点で議論するのは控えたいと一方で言っている」と、あくまで来年夏の開催を強調した。

とはいえ、組織委の森会長も来夏にコロナが終息しなかった場合について「その時は中止」と一部報道で明言。IOC、組織委の2大組織の“ドン”が同じ見解を持つだけに

■「来年ダメなら中止」の流れは止まりそうにない。



-ビジネス

Copyright© たぬきニュース , 2020 All Rights Reserved.