人気の投稿とページ

南極の厚さ900mの氷の下で未知の生物が発見される

2021年2月15日、南極で調査を行っていたイギリス南極観測隊(BAS)が棚氷の下約1200mの海中で新種の生物を複数発見したと報告しました。生物は海綿動物を含む数cm程度の種で、このような過酷な環境下で生息する種は今までにほとんど発見されておらず、研究者たちは詳しい調査を開始するとしています。

続きを読む...

Source: GIGAZINE



-

Copyright© たぬきニュース , 2021 All Rights Reserved.