人気の投稿とページ

子どもの手足がマヒしてしまい最悪の場合死に至る「急性弛緩性脊髄炎(AFM)」とは?

急性弛緩性脊髄炎(AFM)とは、腕や足の脱力やマヒが突如現れる急性灰白髄炎(ポリオ)に似た病気であり、MRIスキャンによる脊髄の病変によって特徴付けられています。AFMはほとんどの場合子どもが発症する病気であり、時には後遺症が残ったり呼吸困難を起こして死亡したりするケースもありますが、記事作成時点でも原因や治療法などが明確になっていません。研究者らはAFMについての情報を集め、対策や有効な治療法について研究しています。

続きを読む...

Source: GIGAZINE



-

Copyright© たぬきニュース , 2020 All Rights Reserved.