人気の投稿とページ

エンタメ

犬への罰としてやってはいけないNG行為4選

1: じわる 2018/10/08(月) 15:52:41.72 ID:BftU/KGy0●

「吠える」「飛びつく」「物をかじる」「あちこちで排泄をする」などといった行動は、犬にとっては自然なことです。
しかし、犬は人間の社会で生きています。
犬にとっては自然な行動が、人間社会では迷惑な行動になることもあります。

愛犬が人間社会において迷惑な存在にならないためにも、そして飼い主さんと愛犬が幸せに暮らしていくためにも、飼い主さんは愛犬が人間社会に適応できるように、しつけなくてはいけません。
これは、飼い主の義務と言えます。

しかし、愛犬にしつけをする上で、罰としてやってはいけない行為があります。
その行為をやってしまうと、愛犬との信頼関係が壊れて、飼い主さんの指示に従わなくなったり、攻撃的になってしまったりすることがあります。

逆に、愛犬が萎縮してしまい、常に飼い主さんの顔色をうかがいながら、おどおど生活するようになる可能性もあります。いずれにしても、お互いにとって幸せな結果は得られません。

ですから、罰としてやってはいけない行為は避けて、しつけを行う必要があるのですが、どのような行為がNGなのでしょうか?
以下から4つのNG行為をご紹介していきます。

罰としてやってはいけないNG行為①叩く
叩かれることによって、人の手を怖がる「ハンドシャイ」になり、人が手を近づけると怯え、恐怖のあまり噛むといった攻撃行動に出てしまうこともあります。

飼い主さんの手は愛犬にとって、苦痛を与える怖い手ではなく、撫でてくれたり、美味しいものをくれたり、抱っこしてくれたりするやさしい手であるべきです。

罰としてやってはいけないNG行為②仰向けにして押さえつける
言うことを聞かない罰として仰向けにされ、力ずくで押さえつけられても、犬は恐怖を感じるだけです。
そして、恐怖でいっぱいになった犬はどうするかというと、自分の身を守るために、威嚇や噛みつきなどといった攻撃行動に出ます。それは、相手が飼い主さんであっても例外ではありません。

罰としてやってはいけないNG行為③マズルをつかむ
マズルは犬にとって敏感な部分ですので、マズルを無理やりつかまれると、不安や恐怖や痛みを感じることがあります。
その結果、飼い主さんとの信頼関係が壊れたり、マズルを触らせなくなったり、噛むようになったりすることもあります。
愛犬のマズルに触れなくなると、歯磨きや顔周りのお手入れができなくなるので、罰としてマズルをつかむのはやめましょう。

罰としてやってはいけないNG行為④ハウスに閉じ込める
愛犬を叱ったときに、罰としてハウスに閉じ込めるのもNGです。
犬は本来、狭い空間にいると安心できる習性があるため、クレートやケージといったハウスは、犬にとって落ち着いて休める場所です。

しかし、罰として強制的に入れられると、ハウスを嫌な場所と考え、ハウスに入ることを避けるようになってしまう可能性があります。

まとめ
現在は、叱らないしつけ、罰を与えないしつけが主流になりつつあるようです。
愛犬のしつけ方が分からないときは、ドッグトレーナーや獣医師に相談してみるといいでしょう。トレーナーの中には体罰を使う方もいるようなので、体罰を使わないトレーナーを選ぶことをお勧めします。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15413294/

16: じわる 2018/10/08(月) 15:57:26.88 ID:ZnjUznAW0
>>1
犬が人間の社会で生きることへの虐待

2: じわる 2018/10/08(月) 15:53:30.22 ID:pPnRCX0e0
頭を執拗にぶん殴る

3: じわる 2018/10/08(月) 15:53:50.50 ID:4adU48ra0
イカを食べさせる

4: じわる 2018/10/08(月) 15:53:59.20 ID:7qRHptGi0
ワン公

5: じわる 2018/10/08(月) 15:54:51.49 ID:D5EoGvwx0
ハァってやって口のにおいを嗅がせる

11: じわる 2018/10/08(月) 15:56:08.74 ID:IEphMkK+0
>>5
モルボルきてんね

30: じわる 2018/10/08(月) 16:02:33.78 ID:84DEG63e0
>>5
極刑かよ…

6: じわる 2018/10/08(月) 15:55:21.26 ID:3AUgm6Rc0
マズルとは?

39: じわる 2018/10/08(月) 16:05:03.45 ID:zOWorrg+0
>>6


【合わせて読みたい記事ヾ(?^ω^)】



-エンタメ

Copyright© たぬきニュース , 2021 All Rights Reserved.