エンタメ

看板がマジック手書き!? D.I.Y感あふれる立ち食いそば屋『今井橋そば店』に愛を見た / 立ち食いそば放浪記:第190回 東京・一之江

投稿日:

肌に刺さるような冷たい風。冬は苦手だ。だけど、私(中澤)が今、なんだか開放的な気分になっているのは、ここが大きな橋の上で、目の前に雲一つない空が広がっているからかもしれない。

都営新宿線一之江駅から徒歩数分。ゆったりと流れる旧江戸川は、絶景と呼ぶには地味すぎるが、それだけにどこかほっとするような安心感がある。そんな川の近くを歩いていると、明らかに手書きの看板を掲げている立ち食いそば屋を発見した。これマジックじゃね

・あふれ出すD.I.Y感

外観からあふれ出すD.I.Y感に吸い寄せられるように近づいてみたところ立て看板の店外メニューを発見。かけそばが230円、天ぷらそば300円、カレーライス400円と価格帯はかなり安めである。もちろん、この立て看板も手作り感満載。地の色の塗りも明らかに手でやってる。クリエイターすぎるだろ

店を見ると、外の壁にもう少し細かいメニューが貼られていた。かき揚げ天丼(400円)などもあるのか。そして、ここで初めてこの店の名前が判明。メニューの最後に「今井橋そば店」と書かれていたのだ。ちょっと個性的だが達筆である

・予想を裏切る店主

入店してみると、L字のカウンターと壁際に椅子の席が数席あるのみ。店主はキッチンで黙々とかき揚げを揚げている。なんかちょっと怖そうな人だぞ? でも、食券機もないから、声をかけないことには始まらない。そこで意を決して声をかけてみたところ……

「あっ! いらっしゃい!! 今かき揚げ揚げてるから! かき揚げいっぱい揚げとかないと無くなっちゃうからね!!」と意外とポップなノリの返事が返ってきた。どうやら怖い人ではなさそう。

・人気はカレー

そこで、店主のかき揚げ待ちをした後にさっそく注文してみた。たぬきそば(280円)とカレーライス(400円)を注文すると、「ウチのカレーはウマイぞぉ!」と店主。味の秘密は油を使っていないことなのだとか

さらに、店主いわく、かき揚げもウマイらしい。桜エビ、ネギ、人参など、一般的なかき揚げの具に、サツマイモを細かく刻んで入れているとのこと。なお、最初のひと声をかけたところからここまで、私は相槌を打っていただけである。

・だが断る

で、このカレーとかき揚げが相性抜群なのだとか。店主の秘密のオススメメニューは「カレーかき揚げそば」らしい。そこで、そっちに変更できるか聞いたところ、「今からはもう無理」っぽいオーラを出す店主。早く言ってよ

とは言え、無理を言うのも申し訳ないため、たぬきそばをかき揚げそば(300円)に変更できるか聞いたところ、こっちは受け付けてくれた。多分、かき揚げの準備が出来ていて楽だったからだと思われる。

・次々と明かされる秘密

「ウチのそばはウマイぞぉ~!」とかき揚げそばが完成。ちなみに、そば粉と小麦粉以外に山芋を粉状にして練り込んでいるのが味の秘密なんだとか。めっちゃ秘密教えてくれるやん

View this post on Instagram





-エンタメ

Copyright© たぬきニュース , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.