人気の投稿とページ

ビジネス

親会社による子会社へのTOBと完全子会社化が“やたらと増えている”2つの理由

親会社と子会社がともに上場する親子上場の解消の機運が高まっており、2022年はさらに加速しそうだ。21年11月以降の1カ月ほどの間に、凸版印刷がトッパン・フォームズ(東証1部、凸版が58.6%出資)を、商船三井がダイビル(東証1部、商船三井が51.7%出資)と宇徳(東証一部、商船...
Source: ビジネスジャーナル



-ビジネス

Copyright© たぬきニュース , 2022 All Rights Reserved.